シャンパーニュ地方の戦い
Battle in the Champagne area

ドイツ軍はパリに迫りつつあったが、マルヌ川沿いに英・フランス連合軍が反撃しこれを撃退した。
1914年9月5日〜12日にかけて行われたこの戦いを第一次マルヌ会戦と呼ぶ。
これにより戦線は膠着し、以降1918年にドイツ軍が大攻勢に出るまでの間、塹壕戦が戦われた。
膠着とはいいながらも、大小の戦線突破や突出部消滅の試みは行われている。
ランス郊外のシャンパーニュ地方には、フランス、ロシア、ポーランド、チェコ、アメリカ兵がひしめき、
第一次世界大戦中は5つの大きな攻勢が行われた。
@1914年〜1915年の冬 第一次シャンパーニュの戦い
A1915年9月25日 フランス軍の攻勢:殆ど戦果なし
B1917年4月〜5月 ニヴィル攻勢に於けるモロンヴィルの峰の、ドイツ軍からの奪還
C1918年7月15日 ドイツ軍の攻撃(大攻勢)を阻止
D1918年9月〜10月 100日攻勢に於ける、ブランモンの戦い


19150925_Champagne_01.jpg
ナヴァリンの農場があった戦場。
戦闘により農場は消滅し、代わりに無名兵士の遺骨を納めたフランスのモニュメントが建つ。
49 13 7 N 4 32 31 E
19150925_Champagne_02.jpg
記念碑の周辺の地形。
今も砲撃の爪痕がはっきり残る戦場跡

19150925_Champagne_03.jpg
ドイツ軍のトーチカ。
場所はナヴァリン農場跡地のすぐ北
49 13 20 N 4 32 39 E
19150925_Champagne_05.jpg
シャンパーニュ地方の戦いで戦死したロシア兵の墓
49 9 30 N 4 23 58 E
帝政ロシアはフランスに対し応援の兵を出すことを約束し、
1916年に4個旅団4万名程度が西部戦線とサロニカ(トルコ、現ギリシャ)に送られた。
シャンパーニュには第一旅団が配備され、1917年のニヴィル攻勢にも参加した。
ロシア革命の結果、ソ連に同調するものと引き続きフランスと共に戦うものに別れロシア人同士の戦いに発展したが、ソ連に同調するものは制圧され、第一次世界大戦の終結までロシア軍団としてドイツ軍と戦った。
19150925_Champagne_06.jpg
県道21号線を挟んで墓地の向かいにある記念碑
49 9 29 N 4 24 3 E
19150925_Champagne_04.jpg
県道931号線沿いに残る、フランス軍の弾薬貯蔵庫。
写真では判りにくいが奥に車庫の様な大砲格納庫がある。
49 11 8 N 4 25 48 E




戦跡散歩Home

Copyright 2011 Morimoto, Makoto : All Rights Reserved.
本ページの写真、文章の無断転載をお断りいたします。

inserted by FC2 system