真珠湾奇襲攻撃
Attack on Pearl Harbor

臨時ニュースを申し上げます、臨時ニュースを申し上げます。
大本営陸海軍部 (1941年)12月8日午前6時発表
帝国陸海軍は本8日未明、西太平洋において、アメリカ、イギリス軍と戦闘状態に入れり。
帝国陸海軍は本8日未明、西太平洋において、アメリカ、イギリス軍と戦闘状態に入れり。

 :
 :

アメリカという国、戦争大好きなのに、「いやぁ、戦争は全然したくないんですぅ」という顔をして、その一方で相手方に自国を攻撃するよう仕向けて、「攻撃されたんだから反撃しないとしょうがないです。戦争に参加します。」というのが常套手段になっている。
時々、「攻撃された」「ものすごく攻撃されそう」というのが捏造だったりもする。
ボストン茶会事件、メーン号事件、ルシタニア号事件、真珠湾攻撃、トンキン湾事件、イラク戦争みなこのパターン。
いい加減騙されるなよ、世界の政治家。

19411207_PearlHarbor_03.jpg
空母赤城搭載機の塗装を再現した零戦21型。河口湖自動車博物館(飛行舘)の展示で、極めて良い状態にレストアされている。
一体効果あるの?という翼端50cmづつの折りたたみが良く判る。

19411207_PearlHarbor_05.jpg
T-6テキサン練習機を改造した零戦21型もどき(他にBT-13を改造した99艦爆と97艦攻も登場)を贅沢に使った真珠湾攻撃のデモンストレーション。
アメリカの航空ショーでの撮影。

19411207_PearlHarbor_09.jpg
こちらはBT-13初等練習機を改造した97艦攻。

19411207_PearlHarbor_08.jpg
アメリカのプレーンズオブフェーム博物館で保管されている99艦爆。1998年の撮影。その後、ゆっくりとレストアが進んでいる様子だが、相当の部分が新作になるので一体何時完成するのか?

19411207_PearlHarbor_10.jpg
空母赤城の模型。
元々は巡洋戦艦として起工・進水したが後に空母として竣工、真珠湾攻撃時は機動部隊の旗艦であった。
記念館三笠での、"特別展 三笠秘蔵 連合艦隊 艦隊コレクション"(ネーミングが....)にて。
真珠湾攻撃の後、ミッドウェー海戦にてドーントレス急降下爆撃機の250kg爆弾が命中し火災を起こし、味方の魚雷により処分沈没(1942年6月5日)。

19411207_PearlHarbor_04.jpg
米陸軍航空隊の3つの基地(ヒッカム、ウィーラー、ベローズ)が攻撃された。
オアフ島の航空戦力の2/3以上が失われたが、第46追撃飛行隊のフィリップ ラスムッセン少尉は寝起きでパジャマのまま他の3名と共にP-36で出撃し、 カネオヘ湾上空に無線誘導され、そこで日本軍機と交戦、1機を撃墜する。しかしその後零戦2機の攻撃を受けキャノピー、無線器、油圧配管、ラダー操舵索などを破損、一旦雲に逃げ込んだ後、ウィラー基地に戻った。この時の功績によりシルバースター勲章を受ける。
写真はアメリカ空軍博物館のP-36展示機で、ラスムッセン少尉の乗機の塗装を再現したもの。
キャノピー前からエンジンカウリング上部にかけて反射防止のアンチグレア塗装が無いけど眩しくないのだろうか。

19411207_PearlHarbor_01.jpg
99艦爆の水平爆撃により沈没し、サルベージされないまま記念碑として残されている戦艦USSアリゾナ。

19411207_PearlHarbor_02.jpg
同じくUSSアリゾナ。水面下に船が沈没しているのが判る。手前の海面には、今も船内から流れ出ているオイルが油膜を張っている。
21 21 54 N 157 57 00 W

19411207_PearlHarbor_07.jpg
特殊潜航艇甲標的5隻が真珠湾侵入、湾内の艦を攻撃しようとしたがいずれも失敗。
写真はオーストラリアのシドニー湾攻撃時に自爆/自決したもので基本的にハワイ攻撃に使われたものと同型。
オーストラリア戦争記念館の展示。

19411207_PearlHarbor_06.jpg
おまけ。真珠湾攻撃に参加したのと同じ零戦21型だが、こちらは陸上型。自伝が名著として有名な坂井三郎中尉搭乗機。塗装の色が、空母搭載機と異なり微妙に緑がかっている。
オーストラリア戦争記念館の展示。


真珠湾攻撃については、早くも1942年に東方が「ハワイマレー沖海戦」で映画化しており、円谷英二の特撮が見られる。

「トラトラトラ」は1970年の日米合作で、宣戦布告が遅れる経緯なども含め公平かつ、かなり史実通りに映画化されている。
特殊潜航艇甲標的の侵入や、ラスムッセン少尉のパジャマ出撃(P-36は無いのでP-40で代用)も描かれている。
映画用にT-6,BT-13から改造された零戦もどき、97艦攻もどき、99艦爆もどきは今もアメリカの航空ショーでデモンストレーションを見ることが出来る。
とりあえず真珠湾攻撃についてはこの1本だけ見ればいいのではないか。
史実ベースの戦争映画としては「遠すぎた橋」と並びかなり良心的な出来。


「連合艦隊司令長官 山本五十六」(1968年)は真珠湾攻撃とそこに至る経緯が含まれている。
模型による特撮(以前の映画からの流用も含まれる)を多用しており今の目で見るとチャチ(それでも結構大きなセットで撮影している様子)。
実機はT-6をそのままゼロ戦役で登場させており、しかも濃緑色塗装(飴色じゃないだけマシか)

上記から40年以上経過して公開された「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実」(2011年)。
こちらは艦船、航空機殆どCGになっており、考証もしっかりしている。零戦も飴色じゃないし(しつこい)。
俳優は他の映画のイメージが強すぎて軍人役には違和感が...

「ファイナルカウントダウン」(1980年)は「戦国自衛隊」のハリウッド版。
ストーリー云々よりも、現代の(とはいっても35年以上前)空母の運用が見られる点が高ポイント。
レプリカの零戦(トラトラトラで製作したものを流用)はともかく、日章旗を描いた妙な塗装のテキサン、変な日本語を話す大日本帝国海軍のパイロット、タイムパラドックスがどうのこうの(いやぁ、所詮フィクションですから)、タイムスリップの特撮がチープ、大西洋艦隊が真珠湾で何してんの?さっき海から引き上げたばかりの犬がもう乾いてるよ、実戦に赴くのによく見たら訓練弾が混ざってるよ、とか、突っ込みどころ多数だけどそんなのはどうでもいい。
とにかくVF-84のF-14トムキャット! あと、A-7コルセアU(本当はV世なのだ)なんてこの映画でしか見られないはず。本当にバリケードに突っ込んでいる。
他にもバイキング、イントルーダー、プラウラー、クルセーダー、シーキングとか(今は引退した機体が殆どだけど)。
どの機体も、グレー系のロービシ塗装になる前の派手なマーキング。
トップガンだと薄暗い画面でトムキャットしかまともに見せていないけど、こちらは空母の運用がバッチリ見られる。
ラストに流れる物悲しいBGMは「聖母たちのララバイ」の元ネタ。

「パールハーバー」(2001年)....えっと、これは...見なかったことにしておこう。

最近では「永遠の0」(2013年)でも真珠湾攻撃シーンが含まれている。




戦跡散歩Home

Copyright 2016 Morimoto, Makoto : All Rights Reserved.
本ページの写真、文章の無断転載をお断りいたします。

inserted by FC2 system