シドニーとニューキャッスル攻撃
Attack on Sydney and Newcastle

【初期のオーストラリアの沿岸防衛】

オーストラリア大陸に1770年、イギリス人のクック船長が上陸し、英国領を宣言した。
それ以降、英国植民地・英連邦として英国と利害を共にした為に、地球の裏側にある国同士であるのに、大英帝国の敵=オーストラリアの敵、という図式が出来上がる。

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_05.jpg
シドニー湾の真ん中の島を要塞化したデニンソン砦
1839年にアメリカの軍艦が2隻湾に侵入したのをきっかけに湾内防衛強化の為、砲台の建設に着手し、1857年に完成したが、完成時既に時代遅れとなってしまった。
現在はレストランになっている。
後方のガーデンアイランドには補給艦HMASサクセス(左端:フランスのデュランス級をオーストラリアで1隻だけ建造したもの)、ヘリ空母HMASキャンベラ(右端)が見える。
33 51 17 S 151 13 32 E


クリミア戦争(1853〜1856年)で英国との仲が悪くなっているロシアは、英国植民地であるオーストラリアを攻撃してくるのではないか?
これに備えてオーストラリアでは対ロシアの防衛を検討。
とはいっても広大な土地に少ない人口の為、全海岸を防衛するなど不可能で、
砲台を主要な港や入り江の周りに配置した。

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_06.jpg
シドニー湾の、ブラドリーズヘッド堡塁。写真はライフル隊が迎撃する為の壁。
元々1840年〜42年にかけて建造され、1871年に兵舎追加などのアップグレードが施された。
33 51 08 S 151 14 45 E

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_04.jpg
19世紀末に完成した、シドニー南方ボタニー湾のベア島にある砦。
島全体を要塞化している。しかし、1902年には砦としては用廃になってしまった。
ここは映画ミッションインポシブル2の撮影地として有名で、屈指のダイビングスポットでもあらしい。
33 59 32 S 151 13 52 E
尚、ミッションインポシブル2の最後近くでのバイク対決シーンでは、シドニー近郊の観測所やサーチライト収納所がちらほらと写っている。

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_41.jpg
1880年〜1881年にかけてブリスベン川の河口を守るために建造されたリットン砦。
元々広大な敷地に設けられた砦で、河口防衛の他にボア戦争・第一次世界大戦・第二次世界大戦に出征する兵士の訓練所や帰還する兵の検疫所として使われた他、朝鮮戦争の時まで通信施設があった。
植民地時代に作られた堡塁部分のみ現在一般公開されており、他の部分は隣接する石油精製施設となっている。
堡塁は5角形で、水を張った堀と盛土に囲まれている。

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_43.jpg
堀に囲まれた堡塁中央の原頭(Parade Ground)と呼ばれる練兵・閲兵広場。
映画「不屈の男 アンブロークン」(2014年)の日本軍捕虜収容所シーン、「レイルウェイ 運命の旅路」(2013年)のシンガポール陥落シーンはリットン砦で撮影されている。

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_49.jpg
当初の主兵装として堡塁の砲台に2門装備されていた、アームストロング前装式80ポンドライフル砲。
しかしこれは時代遅れとなり、英国に返却して写真の様に後装式に改造された。
1891年再輸入し、クイーンズランドのタウンズビル防衛の為にマグネチック島に配備されたが、結局期待された性能が得られず訓練用に使われた。

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_50.jpg
メインの堡塁内にある2門の砲台の内の一つ。
当初は先の写真で紹介した前装式80ポンドライフル砲を装備していたが、、1888年までに写真の隠顕型後装式6インチ100ポンドライフル砲に入替えられた。これは1938年まで使われた。
砲身は本物、回転台座や上下機構は(出来の悪い)レプリカ。本当は天井には砲身が飛び出せるよう長穴があいているのだが。

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_40.jpg
砦建設当時からの武器の一つ、砲台に据え付けられた前装式64ポンドライフル砲。2門並んでいる内の一門。

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_42.jpg
19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_47.jpg
ブリスベン川を遡ろうとする敵艦船を破壊する為の、電気水雷とその遠隔操作室。
これも当初から装備されていたもの。1908年まで配備されていた。

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_25.jpg
1882年に完成したスクラッチリー砦。写真は入口近辺の乾堀。
ここもロシアの攻撃を想定して建造されている。
尚、砦の名前になっているピーター・スクラッチリー英軍中佐はこのスクラッチリー砦の他、先に紹介したベア島砦、リットン砦およびグランヴビル砦(SA州)、クイーンズクリフ砦(VIC州)も設計した。
32 55 34 S 151 47 28 E
19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_03.jpg
同じくスクラッチリー砦。
砦が出来る前の1871年の時点では前装式の32ポンド砲がこの地に配置されていたが、
1874年に前装式68ポンド砲が置かれた。写真は68ポンド砲(だと思う...)
1882年に砦が完成してからは9インチライフル後装砲及び80ポンドライフル後装砲が置かれた。

結局、当時ロシアがオーストラリアへの侵攻攻撃を準備していたということを示す資料は見つかっていない。



第一次世界大戦勃発直後の1914年8月5日、メルボルン港を出港し、ポートフィリップ湾から外洋に出ようとしていたドイツ船籍の貨物船SSプファルツは、英連邦とドイツ帝国とが戦争状態になった為、ネペアン岬の砲台から警告射撃を受けて港に戻り、船は拿捕された。
これが第一次世界大戦に於ける、オーストラリア本土での敵への唯一の発砲である。


【大戦間、第二次世界大戦初期の沿岸防衛強化】

1930年代半ばに沿岸防衛強化・アップグレードの政策が出され、西海岸ではパース近郊にあるフリーマントル港防衛の為、ロットネス島、ガーデン島に砲台が作られた。
19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_31.jpg
写真はロットネス島にあるオリバーヒルの砲台。9.2インチMark10砲が2門配置されている。
9.2インチ砲はオーストラリア全土で7箇所に配置されたが、現存するのはここだけ。
32 00 25 S 115 31 01 E

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_33.jpg
オリバーヒルの砲塔外観。

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_32.jpg
砲塔内部。

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_36.jpg
砲塔の下部。旋回機構がある。
弾丸は台車に乗せられ、エレベータで砲塔に持ち上げられた。

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_35.jpg
オリバーヒルの地下プロッティングルーム(観測所からの情報を元に各砲台に指示を出す)への入口。内部は公開されていない。1935年に作られ、1942年にレーダーと連動する様アップグレードされた。

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_34.jpg
ロットネス島の船着場から丘の上にある砲台まで、線路が引かれている。

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_11.jpg
先に紹介したフォートスクラッチリーは8インチ隠顕式砲、1.5インチ速射砲を経て、1911年に6インチ砲2門にアップグレードし、壕を覆うことにより地下トンネル化した。門柱の奥に見えるのがアップグレード部分の一部。

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_46.jpg
先に紹介したリットン砦も第二次世界大戦と共にアップグレードされた。
これは増設されたQF MarkW型 4.7インチ砲。
保護部は急造と予算不足の為、丸太の上にコンクリートの屋根を乗せている。
え?本当にこんな構造だったの?と無料ガイドツアーの案内人(元砲兵隊員)に聞いたのだが、たしかに1943年の写真通りだ。
建物内側のコンクリート壁にはオリジナルの塗装が一部残っている。
砲はレプリカで出来は正直いって悪い。

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_45.jpg
これも大戦中に増強されたサーチライドを配備した建物。
後方のブリスベン川を下り太平洋に向かうのはパナマ船籍のばら積み貨物船IVS キティウェイク号。

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_44.jpg
ブリスベンには米海軍潜水艦基地が置かれていたので、防衛には万全の備えをした。
これは2連装の6ポンド砲で、艦船に対し1分間に80発発射できた。
後方に丸太の櫓(やぐら)を組んだ司令塔があり(コンクリートの台座が残っているのが見える)、そこから遠隔操作で射撃をした。

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_48.jpg
対空砲陣地。ここで結婚記念の写真を撮ったカップルが居たとか。うーん、微妙。

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_20.jpg
シドニー近郊、ノースヘッドにある小さな観測所。
33 49 22 S 151 18 04 E

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_21.jpg
製鉄の町、ニューキャッスル市の北にあるストックトンビーチ近郊に配置されていた対戦車バリケード。
正三角形4面で構成されている。
第三帝国が作った西の壁(ジーグフリート線)の「竜の歯」はいくつもの歯が一体で地中に固定されているが、このバリケードは個々に独立し、移動することが出来た。
ブロックの横についているU字フックにはワイヤーを取り付けて別のブロックと結ぶことにより、連続したバリケードを構築できた。
いくつかのブロックには製造年月日(1942年2月〜3月にかけて)とシリアルナンバーが書かれている。
勿論日本軍の上陸を想定してのものだが、結局無駄になってしまった、というのは後世の人の無責任な発言か。
現在は駐車場と砂丘を区切る、車輌進入防止用の垣として有効(?)利用されている。
32 46 57 S 152 4 28 E

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_19.jpg
シドニーのワトソンズベイにあるシグナルヒル砲台。元々は1892年〜1893年にかけて建設された砲台で、英国アームストロング製9.2インチマークY隠顕式砲1門を備えていた。1937年に6インチマーク\砲2門に置き換えられた(砲台も新たに作った)。写真はその2門の内、北側の台座。
33 50 58 S 151 17 14 E

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_22.jpg
ギャップパークにある機銃陣地と思しき施設。
結局銃は装備されなかった模様。
33 50 46 S 151 17 12 E

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_23.jpg
シドニーの南に位置する鉄鋼業の都市、ポートケンブラを守る為、1942年にドラムモンド堡塁が建設された。
地表に見えている部分はほんの一部で、地下に発電・宿泊・貯水・空調等の施設が設けられ、長期篭城を可能にした。
コンクリートはコールドジョイントにならないよう、連続した建設作業が行われた。
9.2インチ マークX砲を2門装備。
1943年に砲を試射、1962年に砲その他装備を撤去。現在は茸の栽培をしている。
34 26 20 S 150 52 32 E

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_24.jpg
ドラムモンド堡塁のもう一門の砲台。
34 26 23 S 150 52 34 E

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_26.jpg
スクラッチリー砦の近くにある観測所。
ここにも砲台がある。
32 56 09 S 151 46 44 E

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_29.jpg
ニューキャッスル防衛の為、1942年末に完成したトマリー砲台。
2基の6インチMark7砲台座が今も残る。(この写真は南側の砲台)
砲の後ろには扉があり、山の中の部屋(弾薬倉庫などがある)に通じている。
ほかにオッチキス3ポンド速射砲、ルイス対空機銃、魚雷発射管が据え付けられていた。
丘の上には空軍がレーダーを配備していた。
32 42 50 S 152 11 19 E

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_28.jpg
同じくトマリー砲台の、北側の砲台。
32 42 48 S 152 11 17 E

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_27.jpg
トマリー砲台のある半島の山頂に残るレーダーの基部。船、航空機両方の探知を行った。
32 43 00 S 152 11 13 E

【特殊潜航艇によるシドニー湾攻撃】

太平洋戦争が始まった翌年の1942年5月29日、日本海軍の潜水艦、伊-21の零式小型水上機がシドニー湾上空の偵察を行い、主要目標となる敵艦や防潜網の位置を確認した。
オーストラリア側の観測員が水上機を見つけたが、米海軍のシーガル偵察機だと思いしばらくの間無視した。
しかし、付近に居るシーガル偵察機は全機が巡洋艦シカゴに搭載されており発進していないので、オーストラリア空軍のウィラウェイが索敵の為飛んだが何も見つからなかった。
零式小型水上機は母艦に帰還し(乗員は戻ったが機体は失われている)湾の様子を報告した。

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_37.jpg
5月31日の夜、シドニー湾の沖合い7海里(13km)に停泊している潜水艦伊-27、伊-22、伊-24から特殊潜航艇甲標的が1隻づつ発進した。
写真の海峡を通り、外洋からシドニー湾に侵入。シドニー湾に出入りする全ての船はここを通る。
左がノースヘッド、右はワトソンズベイ。画面奥が外洋。
33 49 36 S 151 17 01 E (海峡の真ん中)

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_39.jpg
中央2隻が伊一六型潜水艦の模型。後部に甲標的を1隻づつ搭載している。
記念館三笠での、"特別展 三笠秘蔵 連合艦隊 艦隊コレクション"(ネーミングが....)にて。
特殊潜航艇を発艦させた伊22、特殊潜航艇発艦及びシドニー東部砲撃を行った伊24が伊16型潜水艦に該当する。
模型は、左が伊18、右が伊16となっているが、違いが....判らん!

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_18.jpg
まず、伊-27搭載艇がシドニー湾に20:00頃侵入した。
乗員は中馬兼四大尉、大森猛一等兵曹
しかし、同艇のスクリューが防潜網に引っかかって動けなくなってしまった。
オーストラリア海軍のパトロール艇が近づいたが、到着する前に、特殊潜航艇は22:37に自爆した。
自爆により中央部を大きく破損しているのが判る。

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_10.jpg
2隻目の伊-24搭載艇は、シドニー湾に21:48頃侵入した。
乗員は伴勝久中尉、芦辺守一等兵曹
湾内に停泊していたUSSシカゴは特殊潜航艇の潜望鏡を500ヤードの距離に発見した。
シカゴは海面をサーチライトで照らし、砲撃を加えたが命中は確認出来なかった。
特殊潜航艇は魚雷を2発発射。USSシカゴを狙ったものと思われるが、1発は外れて不発のままガーデンアイランドの陸に乗り上げた。
もう一発はオランダの潜水艦K9の下をくぐり、ガーデンアイランド東側に停泊していたシドニー湾フェリークッタブルの下の堤に命中した。(クッタブルに命中したわけではない)
6月1日00:30のことである。
クッタブルは英海軍の宿泊艇として使われていた。
爆発の衝撃でクッタブルはすぐに沈み、オーストラリア水兵19名とイギリス水兵2名が犠牲になった。
33 51 43 S 151 13 44 E (クッタブル撃沈場所)
写真はクッタブル、シカゴが停泊していたガーデンアイランド東岸。

以降、伊-24発進の特殊潜航艇の行方は判らなくなった。

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_12.jpg
現在もガーデンアイランドは重要な軍港。
就航して間もない、オーストラリアの最新ヘリ空母HMASキャンベラ(3代目)が西側に係留されている。
HMASキャンベラの2代目(巡洋艦)は特殊潜航艇甲型の攻撃当時シドニー湾内におり、USSシカゴと並び優先攻撃目標だった。


6月1日未明、伊-22から発進した特殊潜航艇がシドニー湾に入った。
乗員は松尾敬宇大尉、都竹正雄二等兵曹
テイラーズ湾にて敵に発見され、爆雷攻撃を何度も受けた。
英海軍のダイバーが6月2日に艇を見に行き、そこで艇のモータはまだ生きており2重反転スクリューがゆっくり回っているのを確認した。艇を引き揚げた所、中で乗員がピストル自殺しているのが見つかった。
英海軍は、特殊潜航艇の、死亡した乗員4名の勇気を称え、海軍葬とした。
火葬された遺骨は、交換船により日本に帰った。

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_13_S.jpg
ノースヘッドから見た、シドニー湾攻撃の位置関係。クリックで拡大。
33°49'23.0"S 151°17'54.3"E(撮影場所)
ちなみに映画ミッションインポシブル2でヒロインが身投げするのがここ。

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_01.jpg
オーストラリアでは、引き揚げられた伊22搭載艇(前部)及び伊27搭載艇(中央から後ろ)の残骸を組み合わせて1隻を復元し、戦時国債購入の宣伝の為にオーストラリアのNSW州、VIC州、SA州を陸路で巡った。
現在はオーストラリア戦争記念館に展示されている。
後方にはシドニー湾攻撃で撃沈されたフェリー、クッタブルのブリッジのレプリカが置かれている。

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_09.jpg
特殊潜航艇甲型に搭載されていた魚雷。専用に開発されたもの。特殊潜航艇甲標的1隻に2本を搭載出来た。
ドックでのみ装着出来たので予備は無い。深度は2.5〜15メートルの間で、発射後の航行角度は左右±60度以内で調整できた。
オーストラリア戦争記念館にて

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_08.jpg
ハーバーブリッジの歩道から見たシドニー湾。
伊24搭載艦はガーデンアイランドのUSSシカゴに向け魚雷を発射しHMASクッタブルを沈めた後、湾内を逃げ回り濠・英・米の追跡を振り切った。
写真右はオペラハウスで勿論戦後の建造。
ガーデンアイランドの手前側(西側)には大型上陸艦HMASトブルク(2015年7月に退役)が停泊している。
画面左の小島はデニンソン砦。
現在、湾内はフェリー、豪華客船、プレジャーボート、スピードボート、ヨットなど多数の船が行き交う。
33 51 10 S 151 12 37 E (撮影場所)

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_07.jpg
母艦である潜水艦は6月3日まで特殊潜航艇の帰還を待っていたが、特殊潜航艇は一隻も戻ってこなかった。
写真は伊22,27搭載艦搭乗員の遺品で中馬、都竹の名前が書いてある。
キャンベラにあるオーストラリア戦争記念館にて。

【潜水艦によるシドニー砲撃】

1942年6月8日未明、伊24がシドニー沖に浮上し、陸に向けて砲撃した。
発射された140mm砲弾10発の内、9発がシドニー市東部に着弾したが、4発のみが爆発し、他は不発弾だった。建物に微細な損害、軽い切り傷を追ったもの1名。
不発が多いのは長い航海で信管が劣化した為か?
アメリカ陸軍航空隊第41追撃飛行隊のP-39が一機、潜水艦を攻撃する為に離陸したが、まもなく失速して墜落し、パイロットのカンテロ中尉は死亡。
墜落原因は判っていないが、急いで離陸した為、暖機運転不足ではないかと言われている。



【潜水艦によるニューキャッスル砲撃】

伊24がシドニーを砲撃した少し後の1942年6月8日02:17、ニューキャッスル沖に日本海軍の潜水艦伊-21が浮上し、140mm砲の砲撃を開始した。ドックと製鉄所が主目標だった。

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_14.jpg
潜水艦が浮上した位置は、スクラッチリー砦の砲手から見ると、ノビーズヘッドの丘(写真の、灯台がある所)の後ろの死角だった。
ノビーズヘッドにはサーチライトが配置されていたが、当日は整備中で、出力の弱いライトを仮に付けており、潜水艦には届かなかった。
河口を挟んで対岸に見えるのは広大なストックトンビーチの砂丘。

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_30_S.jpg
ストックトンビーチ側から見たニューキャッスル。
クリックで拡大。
左端がノビーズヘッド。その右の盛り上がりがスクラッチリー砦。
32 51 58 S 151 49 38 E (撮影場所)

日本側の記録によると砲弾を全部で34発(内、8発は照明弾)を発射。
しかし、炸裂したのは3発のみで、残りは不発だった。
建物に軽微な損害を与えたのみで、人的被害はなかった。

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_16.jpg
最初はスクラッチリー砦から見て死角に浮上していた潜水艦は、やがて潮に流されたのか、砲撃の炎が砦から見えるようになった。
潜水艦は今度はスクラッチリー砦にも砲撃を加えてきた。
写真のスクラッチリー砦の観測所から、砲手に対して敵艦距離、角度の情報が伝えられた。

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_15.jpg
スクラッチリー砦の2門の6インチ砲が、潜水艦に対して計4発の砲弾を発射したが、いずれも命中しなかった。
この後、水先案内船ビルビ(当時はニューキャッスル港に入港する船を検疫していた)が潜水艦と砦との間を横切った。
ビルビの煙突からの煙で、砦から潜水艦が再び見えなくなった。
これに乗じて伊-21はより深度の深い場所に移動し、潜航して見えなくなった。
スクラッチリー砦は、第二次世界大戦中、敵艦と交戦したオーストラリア唯一の陸上基地である。



【その後】

シドニー港雷撃、シドニー東部砲撃、ニューキャッスル砲撃は、戦果としては乏しい。特に砲撃は嫌がらせ程度の効果でしかないが、オーストラリア中にパニックともたらした成果はあった。

特殊潜航艇を発艦させた伊22は1942年10月4日ソロモン諸島東方で消息不明。
同じく伊27は1944年2月13日モルジブ諸島で英駆逐艦の攻撃を受け沈没。
また、特殊潜航艇発艦及びシドニー東部砲撃を行った伊24は、1943年6月10日アラスカのセミチ島近辺で米駆潜艇の攻撃を受け沈没。
ニューキャッスルを砲撃した伊21は1943年11月29日ギルバート諸島で米艦上機の攻撃を受け沈没。

シドニー湾の攻撃目標であった巡洋艦USSシカゴは1943年1月29日レンネル島沖海戦で日本海軍の航空攻撃を受けて損傷、翌日曳航されている所を再び航空攻撃を受けて沈没した。

USSシカゴと並び攻撃目標であった重巡洋艦HMASキャンベラは第一次ソロモン海戦で日本海軍巡洋艦と交戦し沈没。

砲台、堡塁、要塞はいずれも軍事施設としては使われなくなり、殆どのものは砲を外されている。
多くは沿岸部の風光明媚な場所に置かれているので周囲に遊歩道などが整備され、気楽に訪問できる点では日本の要塞以上に恵まれている。

2006年11月26日、シドニー湾攻撃から66年を経て、オーストラリアのダイバーがシドニーの北にあるニューポート沖で特殊潜航艇の残骸を発見し、伊24から発進した艇と確認された。
場所は 33 40 21 S 151 22 58 E 近辺。
(この座標は遺跡保護の為の制限区域中心座標で、沈没場所とはズレているらしい)

19420531_SydneyHarbourNewcastleAttack_38.jpg
オマケ。
潜水艦母艦と、発進前の特殊潜航艇甲標的...ではなくって、野生のカンガルーの親子。




戦跡散歩Home

Copyright 2016 Morimoto, Makoto : All Rights Reserved.
本ページの写真、文章の無断転載をお断りいたします。

inserted by FC2 system