北朝鮮工作船 おまけ:まさお君暗殺
North Korean Special Operation Ship

20011222_NorthKoreanSpecialOperationShip_07.jpg
自爆スイッチは海底から引き揚げられた。
船体中央に設置された爆発物と、リード線及び相手側コネクタを介して結ばれていたと思われる。

2001年12月18日、不審船に関する第一報が米軍から防衛庁に入る。 (第一発見者米軍...とほほ)
2001年12月22日未明、不審船の情報が防衛庁から海上保安庁に伝えられ、航空機と巡視船での捜索開始。
奄美大島北西240kmで不審船発見、航空機と巡視船「いなさ」が追跡開始。後に巡視船「あまみ」「きりしま」「みずき」が加わる。
停船命令を無視し逃走を続ける不審船に警告射撃を実施、続いて船体に射撃。
船首で火災が発生し一旦は停船したものの、火災を消化して逃走再開。この時、不審船の乗組員が海に何らかの「ブツ」を投機している。
「いなさ」による追跡開始から7時間以上経た午後10時、中国漁船群に紛れ込まれて逃走されるのを避ける為、「あまみ」と「きりしま」で不審船を挟むようにして強制的に停船させようとした所、機関銃、自動小銃、RPGの反撃を受けた。
午後10時13分、自爆と思しき爆発により不審船沈没。
沈没場所座標は29 12.7 N 125 25.0 E
10数名の乗組員に生存者は無し。

2002年9月11日、中国の排他的経済水域に沈んでいた不審船を引き上げ。
その後の調査により北朝鮮の工作船と断定。暴力団と麻薬取引をしていたものと思われる。

その後2003-2004年に船の科学館にて展示公開。写真はこの時のもの。
現在は横浜で展示されている。

20011222_NorthKoreanSpecialOperationShip_04.jpg
北朝鮮の工作船の操舵室周り。
エンジンカバーなどは爆発で吹き飛んだ模様。甲板上の構造物も殆ど失われており、操舵室の基部がむき出しで残る。
また、爆発の圧力で甲板やブルーワークが全体的に上方向に膨らんで変形している。


母船のスペックは以下:

船名 長漁3705
全長 29.68m
全幅 4.66m
総排水量 44 トン
動力 ロシア製高速ディーゼルエンジン×4基(船首部に配置)
推定最高速度 約33ノット(時速61キロ)
20011222_NorthKoreanSpecialOperationShip_03.jpg
左舷艦首には、海上保安庁巡視船の発射した20mm弾が入った痕跡が残る。
当初、船体射撃を開始してからは、通常乗員の居ない後部エンジン室を狙ったが、赤外線カメラによりエンジンが前部にあることがわかり、以降前部を集中的に狙った。
20011222_NorthKoreanSpecialOperationShip_02.jpg
20mm砲の弾丸はえい光弾を使った為、炸裂せずに反対に抜けた。反対側の右舷は弾丸が内側から外側に抜けているのが判る。
20011222_NorthKoreanSpecialOperationShip_10.jpg
爆発により上部構造物が失われ、ブルーワークが大きく変形している。
20011222_NorthKoreanSpecialOperationShip_05.jpg
船体後部は観音開きになり、小船を収納する。
小舟を出し入れする場合、ここに海水を入れて母船を沈下させ、小舟の出入りを容易にする。強襲揚陸艦と同じ仕組み。
この小船収納スペースのためにエンジンは前方に配置し、プロペラシャフトを介して4つのスクリューを駆動する。
20011222_NorthKoreanSpecialOperationShip_09.jpg
14.5mm対空機銃
20011222_NorthKoreanSpecialOperationShip_01.jpg
母船内に格納される子舟。思わずマショーリカ人形を思い出してしまった。

全長 11.21m
全幅 2.5m
総排水量 2.9 トン
動力 エンジンスウェーデン製ガソリン船内外機×3
推定最高速度 約50ノット (時速93km)

しょぼい外観に見せかけながら3機の船外機で猛スピードを出せる。
小舟の船体はFRP製。
操舵室は、母船に格納する際邪魔にならないよう、昇降するようになっている(なんかカッコいいぞ...)。
20011222_NorthKoreanSpecialOperationShip_12.jpg
機関銃、自動小銃各種。右上は無反動砲。
20011222_NorthKoreanSpecialOperationShip_13.jpg
RPG、携行対空ミサイル。
RPGは海上保安庁巡視艇に向け発射したが外れた。
20011222_NorthKoreanSpecialOperationShip_11.jpg
生活用品各種。
20011222_NorthKoreanSpecialOperationShip_08.jpg
母船の倉庫内にあった装備品。まるでジェームスボンドの映画を見るような世界。北朝鮮にもQとかいるんだろうか?
20011222_NorthKoreanSpecialOperationShip_06.jpg
もはやノスタルジーとなってしまったJ-PHONEのガラケー。
通話記録から日本の暴力団と頻繁に連絡していたことがわかっている。
地図は防水加工されていた。

2001年の年末、私は当時駐在していたアメリカにいた。
ケーブルテレビで日本語の放送が一定の時間帯入るので、年末恒例、今年の出来事特集を見ていた。
「今年は残念ながら暗いニュースばかりでした」といいながら、アナウンサーが2001年の日本での出来事を振り返る。
えひめ丸原潜衝突、日本経済デフレ認定、池田小学校児童殺傷、明石花火大会歩道橋事故、狂牛病発生、遺跡発掘捏造、不審船沈没...なるほど、ネガティブなタイトルばかりが並ぶ。
いや、まてよ、不審船沈は今回自沈とは言え、前回(1999年3月23日)逃げられたのに比べたら大進歩。これは大変良いニュースに入れるべきではなかろうか....
アメリカ駐在も5年目、更に、同年にあった同時多発テロの報復にアフガニスタン侵攻開始を喜ぶアメリカ人に囲まれていたこともあり、私の頭の中もすっかりアメリカンスタンダードになっていた。

追悼:まさお君
金正男(通称まさお)は1971年平壌生まれ。工作船自爆の半年ちょっと前の2001年5月1日、ドミニカ共和国の偽造パスポートで「東京ディズニーランドに行きたい」と日本入国を試みて国外退去となる。
2017年2月13日、マレーシアのクアラルンプール国際空港のKLIA2ターミナルから、エアアジア8320便でマカオに向かおうとした所、出発ホールにて暗殺される。
ちなみに私もディズニー系パークは大好き(香港以外全部行ったことがある)だし、エアアジアは仕事でも観光でもよく使う。
「スプラッシュマウンテン降りて写真見てたら、自分の後ろの席で金日成の決めポーズしている変なおっさん、あれまさお君!じゃん」「エアアジアで隣の席の大柄なおじさんちょっと窮屈だな、とよく見たらまさお君!だった」そんなエキサイティングな出会いの可能性は永遠に失われてしまった...

20011222_NorthKoreanSpecialOperationShip_18.jpg
クアラルンプールKLIA2 出発ホール(3F)への入口。画面右から左に一人で歩いてきたまさお君が、左手前のドアを通って中に入る所が、天井から下がっている監視カメラの映像に捕えられ、公開されている。

20011222_NorthKoreanSpecialOperationShip_15.jpg
出発ホールに入ったまさお君、何はともあれフライト状況を確認。
トイレ案内標識の手前に立ってボードの方向を見上げるまさお君が監視カメラに記憶されている。

ちなみにこのKILA2というターミナル、LCC専用で2014年2月に開設。さすがに新しいだけあって綺麗で店も多い。
バンコクのLCC専用ドンムアン空港も最近第2ターミナルが新装開店し非常に快適。
しかし、同じく最近(2016年)できた成田のLCC専用第3ターミナル、あれはさすがに「LCCを使う貧乏人にはこの程度の設備」という上から目線が痛い。折角LCCで大量の観光客に来てもらい日本旅行リピーターになってもらうチャンスなのに、第一印象がこれじゃな.... 何とかならんのか?

20011222_NorthKoreanSpecialOperationShip_16.jpg
20011222_NorthKoreanSpecialOperationShip_19.jpg
監視カメラやニュースの映像から、まさお君は出発ホール向かって右側一番手前の、エアアジア自動チェックイン機の前で襲われた。
下の写真の、一番右の自動チェックイン機あたりを使おうとした模様。

ここは制限区域外で、航空券を予約していなくでも、身分証明書チェックや荷物チェック無しに誰でも来られる。

20011222_NorthKoreanSpecialOperationShip_17.jpg
自動チェックイン機の前で「どっきりカメラの撮影」と思い込んでいる女二人組にVXガスをかけられ、気分の悪くなったまさお君は、すぐ手前のKLIA2総合案内カウンターに向かい、カウンター前に居た女性の空港職員に相談、この職員と出発ホールの外に出て、そこに居た男性警備員3名に連絡。

20011222_NorthKoreanSpecialOperationShip_20.jpg
警備員3名中2名に付き添われて、まさお君は出発ホールのある3Fから到着の2Fに降り、画面右奥から手前に向かって自力でしっかりと歩いているのが監視カメラ(撮影場所の真上になる)に記録されている。
画面右がアライバル、入国審査、通関後の出口。

画面左のオールドタウンホワイトコーヒーはマレーシア式料理の軽食が取れる喫茶店。
私はエアアジアXでゴールドコースト観光からクアラルンプール空港経由でバンコクドンムアンに戻る途中、乗継に6時間あったので一旦マレーシアに入国してここで食事をして仮眠(爆睡)。
たまに食べるマレーシア料理は美味。
ただし、ここはハラールなので残念ながら酒や豚肉料理は無い(他の店にはある)。

その他、空港近くには三井アウトレットパークがあり、無料シャトルバスが頻繁に来るのでそちらで買物してもいい。
食事、買物、金正男ゆかり(?)の地巡りと、乗継時間が余っても退屈しない空港だ。

20011222_NorthKoreanSpecialOperationShip_21.jpg
これも監視カメラの真下での撮影。画面左奥から警備員に付き添われて自力で歩いてきたまさお君は、この診療所に入った。
その後大きな病院に運ばれる途中死亡が確認された。合掌。


北朝鮮の出てくる映画以下3点紹介。正直どれも面白くない。映画のネタという観点だけで見ると、ソ冷崩壊は実に惜しい。

007 ダイアナザーデイ(2002年)
この映画はアメリカの映画館で最初に見た。
私は007映画は全て見ている。
デビッドニーヴン主演のカジノロワイヤル、ショーンコネリー主演のネバーセイネバーアガインも抜かりなく見ている。
しかし、正直、それらの中でダイアナザーデイはダントツで面白くない。
朝鮮人が白人に整形するとか(マイケルジャクソンか...)、完全に透明な車(戦車で研究しているみたいだけど)とか、とにかく無茶。
折角北朝鮮を舞台にするのだから、金正日くらい出して欲しかった。ポスターとかでもいいんだけど。
正直敵があまり北朝鮮っぽくない。北朝鮮からクレームが来たらしいが、わざわざクレーム付ける程の映画か?
もう少しひねってほしかった。アントノフ輸送機が墜落するところのCGも雑。


レッドドーン(2012年)
ソ連、キューバ、ニカラグアがアメリカを攻撃する「若き勇者たち」(1984年)のリメイク。
冷戦が終わってしまったので、リメイク版では中国がアメリカを攻める、という予定で製作していたのだが、「大人の事情」により(要はお金の流れを止めたくなかったのね...)敵が北朝鮮になってしまった。
いや、あの国力の無い国がどうやったらアメリカに攻め込めるのか?
前作も、恐ろしく良くできたレプリカのMil-24ハインドA型ヘリ登場以外には見るべき所の無い映画だったが、こちらはそれ以上に駄作。


ザインタビュー(2014年)
ソニー系列の製作会社にサイバー攻撃が仕掛けられたと話題になったけど、もしこの話題が無かったら恐らく見ていなかっただろう。
日本での公開目処が全く無かったので(未だにDVDが出ていない)、2015年早々、アメリカに出張した時ホテルのオンデマンド放送で金を払って見た。
コメディを狙っているんだろうが、はっきり言って面白くない。
カプセルを尻穴に隠すとか、下品なネタで笑いを取ろうとしている。それ、痛いだけだろ。
完全に駄作。
だけどこれだけ有名になったのだからソニー/コロンビア映画は北朝鮮に感謝すべきなのだ。
というか本当にサイバー攻撃あったのか?映画を作ったものの来が悪くてこれはマズい、と関係者がサイバー攻撃を自作自演して話題を作ったのではないか?と疑う程に面白くない。




戦跡散歩Home

Copyright 2016-2017 Morimoto, Makoto : All Rights Reserved.
本ページの写真、文章の無断転載をお断りいたします。

inserted by FC2 system